アッパキンパ

Appa gimbap

アッパキンパ

店名の由来

アッパ(아빠)とはお⽗さん、パパという意味。主に⼦どもが⽗親に対して親しみを持って呼ぶ ときに使う表現です。 そして、キンパ(김밥)は韓国家庭料理を代表する海苔巻きです。 仙台で30年以上焼⾁店を営んでいた⽗の味を引き継ぎながら【飾らず・気軽に・美味しい】を モットーに移動販売事業を始めました。 店名の『アッパキンパ』は⼦供が⽗親に対して親しみを持って接するのと同じく、キンパを通じ て沢⼭のお客様に、気軽に笑顔で元気に楽しんで頂きたいという想いが込められています。
アッパキンパ

キムパは、海苔で米飯を巻いて作る韓国料理です、味付け調理された肉と葉物野菜が入っているのでおかずなしで手軽に食べることが出来ます。携行食やファーストフード感覚の食べ物です。

トッポギは、うるち米で作られた棒状の餅を甘辛く煮混んだ韓国屋台の定番メニューで、夜食やおやつとして、学生や女性に人気の食べ物です。

ヤンニョムチキンは、辛口のフライドチキン。様々な調味料、香辛料を混ぜ合わせた辛味ダレを絡めたフライドチキンです。